太ももやふくらはぎをキュっと引き締める方法とは!?

太もも、ふくらはぎ、足首キュッ!簡単足やせ3つの秘訣

あなたの筋肉は柔らかいですか?
通常のダイエットではなかなか細くならない太ももや下半身。
「痩せるのは胸から、太るのは下半身から」なんて話をよく聞きますよね。
実はコレ、理由があるんですよ。
上半身と下半身ではどちらが筋肉量が多いと思いますか?
そう、胸より太ももやふくらはぎの筋肉の方が多いですよね。
その筋肉が劣化して固くなると燃費効率が悪くなります。
つまり基礎代謝が落ちて、痩せにくい身体になるわけです。


そもそも固い筋肉とはどのようなものなのでしょうか?
固い筋肉の特徴とは
バランスの悪い筋肉
筋肉は全身に張り巡らされ、お互いを関渉しあっています。
いつも一定方向や一部分の筋肉し使っていない状態だと、そのバランスが崩れてしまいます。

疲労したままの筋肉
人間は目覚めている時に、意識的にリラックスしようとしても上手にできません。
気付かない内に身体のどこかに、常に力が入っていることが多いのです。

痩せた筋肉
脂肪を落として太ももや足を細くしても、筋肉を痩せさせてはいけません。
痩せた筋肉では、脂肪を溜め込みやすくなるのです。
ある程度の筋肉があった方が足は健康的に見えますし、実は痩せやすいのです!



では、そんな固い筋肉を柔らかくして、太ももやふくらはぎ、そして足首をキュッ!と、細くするには・・・
温める
温泉や岩盤浴など気持ちいいですよね。
筋肉は温めると可動域が広がり、しなやかになります。
逆にジョギングなど運動で温め過ぎた場合は、適度なクールダウンをして太ももやふくらはぎの組織を労わりましょう。

適度なストレッチ
この「適度」を間違えている人がいるようです。
ストレッチというと、ぐいぐい筋や筋肉を伸ばすことだと勘違いして、力任せにやっていませんか?
ストレッチは筋肉へのマッサージだとイメージしてください。
大きく深呼吸しながらゆっくりとした動作で、ふんわり気持ちいい程度が「適度」なんです。

ストレス解消
過度なストレスを継続して抱えていると、眠っている間も交感神経が働いてしまいます。
つまり眠っているのに筋肉は休めていないことになります。
自分に合ったストレスの解消法を見つけることは足痩せにも繋がっていたんですね。

以上の3つのポイントを押さえたら重力に負けない、引き締まった太ももやふくらはぎを目指して、ダイエットをスタート!
きちんと運動して足を細くするのが理想ですが、普段は仕事や学校が忙しくて・・・というときは足を細くする方法としてサプリメントも有効です。
サプリメントだけ飲んでいればOKということはありませんが、足を細くしやすくする助けになりますしおすすめです。