簡単に足が細くなる方法

骨格がズレていると短時間では足やせできない!?

ダイエットをしても効果があるのは上半身のみという経験はないでしょうか?
一般的にダイエットは上半身は比較的簡単に痩せますが、下半身はなかなか難しいようです。
効き目があったとしてもふとももやふくらはぎなどの下半身は、オマケていどにしか痩せてはくれませんよね。

 

その理由は、下半身の不自然な太さは、むくみが原因となっていることが多いためなのです。
むくみが相手ならダイエットの効果が薄いのもうなずけます。
そんなむくみは骨格のズレと関係があったのです。

 

骨がズレているとどうしてむくむの?

骨盤がズレていたり、足の骨がO脚やX脚の場合、身体の中心線がズレてしまいます
すると、筋肉はそのズレを補強するため、非常に偏った発達をしてしまうので、見た目にも決して形の良い足とはなりません。
さらに、偏った筋肉の影響で血流やリンパの流れが妨げられ、水分や老廃物を回収しにくい体質にしてしまうのです。

 

また、筋肉は脂肪を燃焼させたり、身体を支えたりするだけでなく、バランスよく動くことで血液を送り出すポンプのような役割も果たしています。
そのため、骨がズレてしまうと結果として、足だけではなく顔や手などの心臓から遠い部分が、短時間でむくみやすくなってしまうというわけなんですね。

 

 

ゆがんだ足の骨を治す日々の姿勢とは?

日本人に最も多いとされているのが、O脚です。
O脚とは足を揃えて立った時、くるぶしは左右が付くけれど、ふとももやヒザ、ふくらはぎが離れてしまうものです。
次に多いとされているのが、X脚です。
X脚とは足を揃えて立った時、両ヒザは付くけれど、ふとももとふくらはぎやくるぶしが離れてしまう事を指します。

 

また、隠れO脚と言われるのが、XO脚です。
XO脚とは足を揃えて立った時、ふくらはぎの部分だけが離れてしまいます。。

 

それぞれの足骨格への矯正方法は、次のようになります。

 

O脚の矯正

猫背になりやすいので、背筋をまっすぐにするよう意識しましょう
足の内側の筋肉を強化するエクササイズがお勧め。

 

X脚の矯正

反り腰になりやすいので、腹筋を鍛えましょう。
座る姿勢もなるべく足を組まずに、両足を揃えるようにすると矯正効果がありますよ。

 

XO脚の矯正

骨盤が後ろに倒れ気味になっている可能性があるので、お尻の筋肉や背筋を鍛えましょう。
その他、O脚に準じます。

 

 

いかがですか?
さっそく鏡の前で足の骨格チェックをしてみましょう!
骨格を矯正するとむくみにくくなり、ひいてはそれが足やせにつながります。
短時間で足を細くしたいときはまずは骨格を見直してみるのも良いでしょう。