簡単に足が細くなる方法

太くなった足を短時間で平均サイズに戻す方法

あなたは翌日に着ていく洋服を準備しておく派ですか?
特に通勤は、ほとんどの人が私服ですが、せっかく用意しておいた洋服が、朝起きたら顔や足がむくんでしまって似合わない!
そして慌ててクローゼットを引っ繰り返して、コーディネートのやり直し、なんて経験はけっこう多いそうなんですよ。

 

そんな時、短時間でむくみの解消ができればうれしいですよね!
ここでは「一過性のむくみ」対策をご紹介しています。

 

 

 

シャワーを使って冷温マッサージ

血行が促進され、リンパ液の流れも刺激されるために、むくみ解消には一定の効果があるとのこと。
短時間でむくみ対策したいときは結構効きます。
やり方は簡単。

足やせの場合は、ふとももの付け根やヒザ関節に、最初は37度くらいのぬるめのお湯をシャワーで当てます。

次に徐々に水温を上げて、43度くらいのお湯を1分間ていどふとももの付け根やヒザ関節に当てます。

今度は徐々に水温を下げて、33度くらいの冷水(実際はぬるま湯)を、同じ場所に30秒間ほど当てます。

それを5セットほど繰り返します。

 

ポイント:冷温の温度差の目安は、10度以上開けましょう。

 

 

弛緩運動で機能を目覚めさせる

身体が起床モードに切り替わる速度が速くなるので、顔や手足のむくみも改善されやすくなります。

ゆっくりと呼吸をしながらベッドの中で、思いっきり大きく伸びをします。

そのまま息を止めて、さらに外へ向かって体中の関節や筋肉を引き延ばして「5つ」数えます。

そしたら、ふっと体中の力を抜いて深く深呼吸。

余裕があれば、自転車こぎのポーズや両腕を天井に向けて、手首から先をブラブラさせるのもお勧めです。

 

ポイント:身体を引き延ばす時と緩める時の差を、しっかり体感しながら行いましょう。

 

 

ツボ圧しでむくみを解消

これらのツボは、むくみだけではなく婦人病などとも関連しているため、生理前のむくみなどにも効果的と言えるでしょう。

曲泉(きょくせん):あぐらをかいて座った時にできる、ヒザ関節を折り曲げた時のシワの上

大谿(たいけい):足首の内くるぶしと、かかとから伸びるアキレス腱のちょうど中間

豊隆(ほうりゅう):ふくらはぎのの外側、ヒザとくるぶしの中間あたりで骨より指2本分外側

 

ポイント:圧し方は「気持ちが良い」と感じる程度を、ゆっくりと数回に分けて繰り返すことです。

 

いかがでしたでしょうか?
これらは継続的な効果というより短時間でむくみを解消したいとき向けの方法です。
緊急時には便利ですが、普段から食生活を見直すなどむくみにくい体質をつくっておくことも重要です。
比較的短時間で足やせやむくみを解消したいときはサプリメントの力を借りるもの効果的です。

 

お薦めの足やせサプリメントはこちらから